グリーンスムージーの驚くべき効果

グリーンスムージーの効果

 

■レディ・ガガが、スムージーで13Kg痩せた!
■優香が、グリーンスムージーで7Kg痩せた!
といったニュースで一気に話題となった、「グリーンスムージー」。

 

 

 

グリーンスムージーとは、グリーンの野菜と果物に水を加えてミキサーで混ぜ合わせて作った、フレッシュジュース。ただそれだけの、簡単に作れてしまうジュースですが、しかし、その効果には驚くものがあります。

 

 

 

 

このサイトでは、そのグリーンスムージーの効果について、ご紹介していきたいと思います。
が、ちょっとその前に、現代人は、野菜と果物が不足しているというお話を少し!

 

 

 

厚生労働省が推進する「Smart Life Project」によれば、生活習慣病の予防という観点から、1日の野菜の摂取推奨値は、350gとなっています。

 

しかし、平成23年国民健康・栄養調査結果によれば、成人の野菜の1日当たりの平均摂取量は277gとのことで、約70gが不足!!
しかも、食事の欧米化、加工食品の普及と日常化によって、野菜不足は年を追うごとに年々顕著に、そして益々深刻な問題になりつつあるようです。

 


(出典:農林水産省HP

 

 

この野菜や果物の摂取不足でまず懸念されるのが、ビタミン、ミネラル、食物繊維等といった非常に大切な栄養素が不足してしまうという事実
ビタミンAは、粘膜の強化や目の機能強化に欠かせない栄養素。
ビタミンCは、タンパク質の合成や免疫力の強化に欠かせません。
ビタミンAは、6割以上を野菜から、ビタミンCは3割以上を果物から摂取しているとも言われているので、野菜不足は、ビタミン不足につながるわけです。

 

ミネラルの中のカルシウムは、骨の生成に必要だけでなく神経の働きを整えるためにも必須の栄養素です。緑黄色野菜に多く含まれています。確かにカルシウムは乳製品に多く含まれて、鉄分はレバーに多く含まれていますが、カロリー量の少ない食物から摂取することに出来るだけ重点を置きたいとなると、やはり野菜からもしっかりと摂取するようにしたいものです。

 

更に野菜や果物には、活性酸素の害を防ぐ働きのある抗酸化物質も多く含み、カロテンリコペンフラボノイドなどのような抗酸化成分には、生活習慣病の予防に効果があると言われています。

 

 

 

このように野菜や果物不足は、我々人間の基本的な生活に大きな影響を与えかねないので、生活習慣病の予防という観点からも、積極的に摂取するようにしたいですね。

 

 

 

この野菜・果物の不足という問題を解消するためにも、グリーンスムージーは、非常にありがたい存在。
冒頭に述べたように、割と簡単に野菜や果物をたっぷり含んだ飲み物が、簡単に作れてしまうんですから。

 

 

 

 

グリーンスムージーは、冒頭に述べたように、「葉野菜と果物に水を加えたものをミキサーにかけるだけ」という非常にシンプルな飲み物。
毎朝、その日のための1〜2リットルのスムージーを作ると良いとされていますので、このスムージーがあれば、毎日野菜や果物が摂取出来て、非常に健康的なわけです。

 

 

グリーン・スムージーは、上記の野菜不足から生じる様々な問題を解決してくれるのですから、その期待できる効果としては、まず、生活習慣病の予防が挙げられます。

 

■野菜と果物の両方を同時に摂取することで、病気の予防が期待できる。特に、がん予防に効果のある食品には、多くの野菜やフルーツが含まれています。
アンチエイジングが期待できる。つまり、グリーンスムージーには、抗酸化物質(代表的なものは、βカロチンやビタミンC,ビタミンEなど)が多く含まれ、しかも単独ではなく、いろいろな抗酸化物が含まれている。また、グリーンスムージーには、マグネシウムやカリウムが豊富で、飽和脂肪酸が少ない。
■食物繊維が多く含まれるため、便秘の解消を始め、大腸ガンの予防やコレステロールの下げる効果が期待できる

 

 

野菜や果物の種類は非常に豊富で、個々に含まれる栄養素も違ってきます。
グリーン・スムージーで使用する野菜や果物の構成を変える・アレンジを変えるだけで、上記のグリーンスムージーに期待できる様々な効果の中から、特に注目したい効果が期待できるように調整することが出来るわけですね。

 

例えば、クロロフィルを多く含むのが、小松菜、ほうれん草、春菊、大葉など。健康や美容効果が期待できます
アンチ・エイジングが気になるなら、抗酸化物質や抗糖化物質を多く含む、ニンジンの葉やモロヘイヤ、水菜などを中心としたスムージーがおススメ。

 

 

特に若い方の間で関心の高い効果としては、
■ダイエット
食物繊維を多く含む明日葉などを摂取すると、簡単に満腹感が得られます。また、糖分や脂肪の代謝をサポートするビタミンBもダイエットには効果的といわれていますので、それを多く含むパセリなどをアレンジするとよいでしょう。
■美肌
美肌の効果を期待したいなら、ビタミンCやビタミンBですね。これらを多く含むレモンやイチゴを加えると、美白の効果やコラーゲンの生成に加え、活性酸素をなくす働きも期待できそうです。柿やミニトマトなどに多く含まれるリコピンには、シミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる効果もあるようです。
■便秘
便秘の解消に期待できるのが、食物繊維。大葉やかぶの葉に特に多く含まれています。不溶性の食物繊維は、腸のぜん動運動を活性化させ、お通じをサポートしてくれます。また、バナナに多く含まれるオリゴ糖は、善玉菌を増やして腸内の環境を活性化してくれますよ。

 

 

 

ただ気を付けて頂きたいのが、グリーンスムージーの材料のアレンジの仕方や飲み方。
特定の効果ばかりを狙って、栄養素が偏りすぎたり、同じものばっかりを飲み続けても、その効果が期待できなくなるばあいもあるので、注意しましょう。
詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

簡単に作れて飲める、スムージーとは!?

 

最近は、独り暮らしをされる方が多くなりました。
当然、食事の準備は自分でやらなければならないのですが、お勤めの関係やお友達とのお付き合いで帰宅時間が遅くなって深夜に就寝。次の朝起きるのが大変だとか、食事を作ること自体がおっくうになってしまい、ついつい外食に頼ってしまったり、インスタント食品等の加工食品が中心の食事になってしまうなど、どうしても野菜や果物不足に落ちりやすい生活が続いてしまいます。

 

そんな時、野菜や果物が持つ上記のような貴重な栄養が豊富で、簡単にバランスよく摂取できる「グリーンスムージー」は、イチオシのフレッシュジュースと言えます。

 

 

 

 

しかし、毎朝が時間との格闘という方にとっては、野菜を洗って切る、スムージーを作った後にミキサーを洗うということも、とても面倒ですし、第一、時間が無いのでそのような余裕はないというのが本音。
新鮮な野菜や果物から作った新鮮なグリーンスムージーを本当は飲みたいけれど、正直、無理!

 

そこでご紹介したいのが、酵素入りの健康栄養補助食品、「スムージー」です。

 

 

 

いずれも粉末になっていますので、専用のスプーンで必要量を付属のシェイカーに入れて、水やミルク等で10秒程シェイクするだけ。
野菜や果物を洗って切る必要もありませんし、ミキサーにかける手間が省け、後片付けも不要!

 

簡単に作れてしまうにも関わらず、必要な栄養素をバランスよく摂取することが出来ます。

 

 

ここでご紹介している「スムージー」は、特に、ダイエットに着目しています。

 

スムージーでダイエットのチャレンジしたいと言う方に、是非、おススメしたいスムージーです。

 

Natural Healthy Standard(ミネラル酵素グリーンスムージー)


酵素ミネラルを贅沢にブレンド!体の内側からキレイにリフレッシュしてくれる!

 

アメリカのセレブ達もこぞって飲んでいる、今話題のグリーンスムージー!

 

■1食あたり22.86kcalと低カロリー。置き換えダイエットにも最適!!

 

■グリーンスムージーのマンゴー味に加えて、「はちみつレモン味」も登場!

 

ミネラル酵素アイサースムージー(バナナ味、ベリー味)も登場して、お好みの味が楽しめる!

 

定期便だと、さらにお得!


>> ミネラル酵素グリーンスムージー <<




1袋あたりの価格/内容量 原料
1,844円(税抜)から/200g 厳選約200種類の葉野菜・フルーツに、ミネラルと酵素をダブル配合 グリーンスムージー
(マンゴー味、はちみつレモン味)

アサイースムージー
(バナナ味、ベリー味)

 

お嬢様酵素グリーンスムージー

■80万本突破のお嬢様酵素から登場した、グリーンスムージー!

 

■毎日の美容健康ダイエットに最適。

 

■野菜や果実に加えて、長期熟成発酵させた酵素もたっぷり

 

■1食あたり98kcalと低カロリー。置き換えダイエットにも最適です。

 

■お得なお嬢様酵素とのセット販売もあります。


>> お嬢様酵素グリーンスムージー <<



1袋あたりの価格/内容量 原料
2,167円(税別)から/200g 64種の野草24種の野菜19種の果物から栄養素を超濃縮抽出。 フルーティーな味 (ミルク、緑茶、紅茶、炭酸水などとMIXしても美味しいです。)